火傷の思い出

父の理不尽さに、いつも菩薩のような母が

たまに切れて、一言

母に優しくされることに慣れている父は

それにショックを受けて、家出すると。

母が、私に どうしよう?と言ってくる

朝の忙しい時間に

なだめ、すかし、何と無く収まる。

何回と同じ場面に遭遇し、私は

『吉本かぃ⁉︎』って1人でツッコミ、

なんだか笑ってしまう

e0232266_07521385.jpeg

そんな朝、その日は、私が接待で遅くなるからと

こころパパに、朝カレーを作り

いつもだったら、そのまま、夜温めて食べてね

というところ

あまりにも暑い日だったので

カレーは、タッパーに移して冷蔵庫へ

まだアツアツの鍋を急いで洗おうとしたら

腕が鍋にあたり、ジューですと。

火傷しました。

思いの外、酷く

母に、『直ぐ水で冷やした?』 と聞かれました。


朝、水で冷やす時間無かったのよ

だから、保冷剤まいて、会社に行きました。

その処理が悪かったのか、暑さのせいか

化膿してきました。

次回からは、何はともあれ

火傷したら、直ぐ 水で冷やします024.gif





[PR]
by lovehinakokoro | 2016-08-23 07:44 | つぶやき | Comments(0)

愛しいこころの日記


by lovehinakokoro
プロフィールを見る
画像一覧