切ない気持ち

事情があり、こころパパの愛車を

売りました。

主人が、学生の頃からの憧れだった車

若干の抵抗があったものの

私の正論に主人が折れました。

主人はピカピカに磨き、送り出しました。

そいつは、今

近くの中古車屋に並んでいます。

私が、決定したことですけど、



ごめん、手放さなければならないなんて

情けない

でも、これが現実

現実は、いつもいつも厳しい





[PR]
by lovehinakokoro | 2016-04-13 06:18 | つぶやき | Comments(0)

愛しいこころの日記