私には、こころから教わることはあっても教えることはない2

こころパバは、いつも私より2時間ほど

早く帰宅しています。

何度か、主人が帰宅した際に

こころのチッチをさせて欲しいとお願い

したことがありますが、彼の言い分は

こうです。

ひなは、もっと長い時間、チッチを我慢できた

こころが、我慢できないのは、おまえが

頻繁にこころをチッチに連れて行くからだと。

私には、主人を納得させるだけの確信は

ありません。でも、ひな と こころは違う。

チッチの間隔などは、個体差がある そんな

風に感じるので、私は、自分が出来る範囲で

連れて行くと決めています。

先に帰宅して、趣味のピアノの練習を

していたこころパバ

その晩は、なぜ この人は、こころを庭に

出してチッチさせるくらいのことを

してくれないのだろう?

そんな気持ちも、手の感覚がなくなるほど

絨毯を叩くことでぶつけていたのだと

思います。

つづく



[PR]
by lovehinakokoro | 2015-10-06 06:01 | kokoro | Comments(0)

愛しいこころの日記


by lovehinakokoro