こころの気持ち

私は、こころのママでありますが

こころにとって、私は一番ではありません。

こころにとっての一番は、おばあちゃんです。

おばあちゃんが、いれば、

ママは、いてもいなくてもどっちでもいいのです。

そう思うこころの気持ち、解ります。

動物は、怖いくらい本質を突いてくるのです。

おばあちゃんの愛情の深さ、こころはよく

解っているのです。

そんな、こころを見るにつけ、私は自分の未熟さを

突きつけられます。

こころが、懐かず寂しいとは、思いません。

鏡のように、こころに映し出される自分の未熟さに

呆然とするばかりです

[PR]
by lovehinakokoro | 2015-07-27 18:06 | kokoro | Comments(0)

愛しいこころの日記


by lovehinakokoro
プロフィールを見る
画像一覧